スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<国民生活センター>がん入院保険金不払いで約款改善求める(毎日新聞)

 国民生活センターは3日、がん摘出手術を前に血糖値を下げるため入院した男性に対し、がん保険の入院保険金が支払われないケースがあったと発表した。同センター消費者苦情処理専門委員会は「本件は支払いを求めることができる」と判断した上で、「保険の約款があいまい。保険会社は支払い事由が明確になるよう改善することが求められる」とする助言をまとめた。

 同センターによると、男性は前立腺がんで08年5月、19日間入院して血糖値を調整し、翌月に再入院してがん摘出手術を受けた。5月分の入院保険金約20万円を請求したが、保険会社側はがん保険の対象外とし、再入院や手術の分は支払い対象とした。

 約款は、支払い事由を「がんの治療が必要とされ、その治療を受けることを直接の目的として入院していること」と記していた。同センターは委員会の助言を添えて保険会社に再考を求めたが、保険金は支払われなかった。同センターは「他のがん保険の約款でも同様の文言が使われており、今後もトラブルが懸念される」としている。【藤田祐子】

【関連ニュース】
悪質商法:HP作成ソフトリースで法外な料金 被害が多発
コンタクトレンズ:MPSタイプの一部消毒液、効果不十分
悪質商法:HPソフト高額リース 「売り上げ伸びる」誘い、被害急増
安心・安全ナビ:太陽光発電装置の訪問販売でトラブルが相次いでいます。
消費ナビ:「パチンコ攻略法」の被害が増えています。

静岡のビジネスホテルで火災、客ら50人避難(読売新聞)
お歳暮に拳銃構えた写真、弁護士が嫌がらせ(読売新聞)
<詐欺>預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ(毎日新聞)
囲碁 小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で(毎日新聞)
小沢幹事長が続投の意向表明、首相も容認(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。